菅井汲 マス・ノワール

マス・ノワール

菅井汲 《マス・ノワール》 1964年(昭和39) 油彩,カンヴァス 200.0×155.0cm

作品解説

1960年代は、菅井にとって大きな転機となる時期でした。「洗練された野蛮さ」と評された筆触を残した荒々しい画面の作品は、1960年(昭和35)の回顧展やヴェネツィア・ビエンナーレ等の国際展での経験を契機に、明快なフォルムと色彩、平面性を特徴とする作品へと変貌を遂げます。
<オートルート>シリーズと呼ばれるこの頃の作品は、愛車ポルシェを疾走させる体験から生まれたものです。死と隣り合わせのハイ・スピードで道路を疾走する緊張感と高揚感。瞬時に現れて消え去るものでありながら、簡潔明瞭に情報を伝達する道路標識の高度な視覚性。これらを画面上で構成することで、新たな展開を見出しました。
この転換は単にモチーフの変化というだけではなく、日本という属性から自らを解き放ち、菅井汲という一個人としての表現を求めた彼自身の意識の変化を同時に意味しています。フランスという地にあって、常に異邦人であった菅井の大きな決断を示す作品といえるでしょう。

作家紹介

菅井汲 SUGAI Kumi 1919–1996

1919年(大正8)、兵庫県武庫郡御影町(現・神戸市東灘区)に生まれる。本名は貞三。文化色に満ちた家庭に育ち、幼少期から絵画に親しんだ。1933年(昭和8)知人のすすめで大阪美術学校に入学。1937年(昭和12)、阪神急行電鉄株式会社(阪急電鉄)に就職し、宣伝課でポスター制作に携わる。戦後、中村貞以に1年間日本画を学んだ後、1948年(昭和23)頃吉原治良を知り、彼の勧めで二科展に出品するようになるが、落選を続ける。1949年(昭和24)、阪急電鉄を退社し、1952年(昭和27)に渡仏。1950年代後半から国際展に出品を重ね、1962年(昭和37)、第31回ヴェネツィア・ビエンナーレでデイヴィッド・E.ブライト基金賞。1965年(昭和40)、第8回サンパウロビエンナーレで外国作家最優秀賞。1971年(昭和46)、レジオン・ドヌール・シュバリエ章。1996年(平成8)、心不全により神戸市にて77歳で死去。同年、紫綬褒章。

作品一覧に戻る
Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.