卓上風景 石丸一

卓上風景

石丸一 《卓上風景》 1931年(昭和6) 油彩,カンヴァス 116.5×90.0cm

作品解説

テーブルクロスを敷いた机の上に、アプローチ付きのモダンな建物が載るという、なんとも不思議な光景です。建物は模型のようにも見えますが、背景が四角く区切られており、立てかけられた絵画の一部のようにも見えます。しかし、木々や雲が四角い枠の外の空間にも広がっているなど、モチーフの位置関係や空間性は実にあいまいです。まさに現実を超えた状態でありながら、乾いた筆触と落ち着いた色彩でまとめられた画面は、独自の静穏な世界を創り上げています。石丸一は1930年代前半、キュビスムやシュルレアリスムなど海外の前衛美術に敏感に反応し、関西でいち早く、それらを取り入れた先鋭的な絵画を発表しました。シュルレアリスム的傾向を示す本作もその一つで、「当時関西でもっとも前衛的な美術団体」と評されたロボット洋画協会の第1回展に出品されたものです。

作家紹介

石丸一 ISHIMARU Hajime 1890–1990

徳島県に生まれる。生家は漢方医を営む。大正7年(1918)に京都帝国大学医学部を卒業し、大正13年(1924)に大阪の北浜に医院を開業。この頃より小出楢重らによって開設された信濃橋洋画研究所に通い始め、画業を本格化させる。昭和3年(1928)、第15回二科展に初入選。また、信濃橋洋画研究所の同窓とともに青窓会を結成、同会は昭和6年(1931)にロボット洋画協会へと発展した。昭和13年(1938)、二科会の前衛的傾向を示す画家等で結成された九室会に参加。昭和17年(1942)二科会員に推挙。戦後は汎美術家協会の会員となった。晩年は画壇を離れ、平成2年(1990)、堺市にて100歳で逝去。

作品一覧に戻る
Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.