吉原治良 作品

作品

吉原治良 《作品》1965年(昭和40) アクリル,カンヴァス 181.8×227.5cm

作品解説

吉原治良は第二次世界大戦をはさんで戦前から戦後まで、常に前衛を貫いた作家でした。《作品》は吉原がいくつかの画風の変遷をたどった後、最晩年に到達した「円」シリーズの代表作です。一見、大きな筆に墨を付けて一筆書きしたように見えますが、この円は直径約180cmもあり、とてもそのようにして描くことは出来ません。勢いよく描かれたように見えながら、白と黒の境界を計算し尽くし、細部は緻密に塗り込めるように作られています。円や漢字をモチーフにした吉原の最晩年の制作については、前衛書の雑誌『墨美』に関わっていたことから、書の世界との繋がりも指摘されています。円という普遍的なかたちを通して、吉原は欧米的なアクション・ペインティングと、東洋的な筆の痕跡という手法を結びつけて、まったく新しい絵画を創り出したのだといえます。

作家紹介

吉原治良 YOSHIHARA Jiro 1905–1972

1905年(明治38)、大阪市に生まれる。1928年(昭和3)、関西学院高等商業学部卒業、大阪朝日会館で個展。1934年(昭和9)、藤田嗣治のすすめで出品した第21回二科展に初入選。1938年(昭和13)、二科の前衛作家による「九室会」結成に参加。1952年(昭和27)、「現代美術懇談会」(ゲンビ)の発足に幹事として参加。1954年(昭和29)、「具体美術協会」を結成し、代表となる。第1回から第21回まで、国内外で具体美術展を開催。1962年(昭和37)、大阪の中之島にグタイピナコテカを開館。1971年(昭和46)、インド・トリエンナーレで金賞。1972年(昭和47)、兵庫県芦屋市にて67歳で死去。

作品一覧に戻る
Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.