クリエイティブアイランド・ラボ 中之島 展示企画「ビルダーズ:工事記録に見る都市再考」オープニングトーク
「都市の記憶 建築アーカイブをめぐって」を開催します

 大阪中之島美術館準備室とアートエリアB1の共同主催により、2020年1月24日(金)に、クリエイティブアイランド・ラボ 中之島 展示企画「ビルダーズ:工事記録に見る都市再考」のオープニングトークとして、「都市の記憶 建築アーカイブをめぐって」を開催します。

 近代以降の大阪の建築史・都市史研究を俯瞰すると、一般に近代建築と呼ばれる戦前の歴史的建築物には多くの注目が集まっている一方、戦後から高度成長期にかけてのビル建築物や都市整備に関しては、残念ながらまとまった成果を認めることができません。昨今の再開発の波にあって戦後の建築物が解体され、建設時の資料も散逸・処分されるなか、戦前と現在を結ぶ戦後昭和の建築都市文化は、歴史からまるごと抜け落ち、やがて記憶からも消滅していく危機にさらされているといえます。

 大阪中之島美術館準備室は大阪市立大学とともに、戦後大阪・関西の建築・都市整備に関する資料の保存と研究、そしてその文化価値の顕彰と発信を推進すべく、大阪・関西における建築アーカイブの設立に向けて検討と試行を重ねてきました。
 今回は、建設事業者、建築家、建築アーキビスト、知的財産法研究者、視覚文化研究者を招き、建築アーカイブをめぐる保存状況や保存・公開における課題、歴史文化的価値などを紐解きながら、その活用可能性を探ります。

 

開催概要

 

イベント名

クリエイティブアイランド・ラボ 中之島 展示企画「ビルダーズ:工事記録に見る都市再考」
オープニングトーク「都市の記憶 建築アーカイブをめぐって」

 

日時

2020年1月24日(金) 19:00~21:00(開場18:30)

 

会場

アートエリアB1

(大阪市北区中之島1丁目1−1 京阪電車なにわ橋駅地下1階)
京阪電車中之島線 「なにわ橋駅」地下1階コンコース、大阪メトロ「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分

 

登壇者(順不同)

高岡 伸一 氏 (近畿大学建築学部准教授)

齋藤 歩 氏 (京都大学総合博物館特定助教)

秋山 卓也 氏 (大阪大学知的基盤総合センター准教授)

佐藤 守弘 氏 (京都精華大学デザイン学部教授)

松隈 章 氏 (竹中工務店設計本部企画担当)

〔モデレーター〕 (順不同・敬称略)
木ノ下 智恵子 (大阪大学共創機構社学共創本部准教授、アートエリアB1運営委員)
南谷 雅和 (京阪ホールディングス株式会社経営統括室事業推進担当部長)
植木 啓子 (大阪中之島美術館準備室研究副主幹)

 

申込み

事前申込み不要

 

参加料・定員

無料 (全席自由、定員50名)

 

主催

大阪中之島美術館準備室、アートエリアB1

 

共催

中之島まちみらい協議会

 

助成

一般財団法人地域創造、公益財団法人ユニオン造形文化財団

 

協力

クリエイティブアイランド中之島実行委員会

 

イベントについてのお問合わせ

大阪中之島美術館準備室

電話 06-6469-5194(代表)
メール info@nak-osaka.jp

 

★詳細は下記のウェブサイトをご覧ください。

アートエリアB1 http://artarea-b1.jp/

 
 

Copyright 大阪中之島美術館準備室 All Rights Reserved.